自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆来シーズンタイヤ交換を考えているので今シーズンはスタッドレスタイヤをそのまま夏場も使用しようと思います。スタットレスタイヤは燃費が悪いとききますが本当ですか?

◆スタッドレスタイヤは燃費が悪い?

 スタッドレスタイヤを夏場も使用し続け、1シーズンを通し履きつぶしてから新しいスタッドレスタイヤを購入する。

 いわゆるオールシーズンスタッドレスタイヤユーザーは意外にもとても多くいることが確認されております。

 特に北海道や東北地域などの寒冷地であれば、スタッドレスタイヤは冬場の必需品ですから特にこのようにオールシーズンスタッドレスタイヤユーザーの方は多いものです。

 例えば冬場が終わり雪が溶け始め、夏タイヤへの交換の時期が来た時は今シーズン使用してきたスタッドレスタイヤを来シーズンも使用するかどうか?について少し思い悩んだとしましょう。

 もし来シーズンは新しくスタッドレスタイヤを買い換えようと考えている場合は、ここで夏タイヤへタイヤ交換するよりも、このまま夏場も履き潰して雪が降り始めてから新しいスタッドレスタイヤへ交換しよう。と考えることは特に珍しいことでもありませんし経済的・費用的も納得のゆく選択肢のひとつです。

 夏場もスタッドレスで過ごす事で夏タイヤのタイヤ代を浮かせることもできますし、意外と大きな問題でもある4本のタイヤの保管場所を空ける事ができたりもします。

夏場もスタッドレスタイヤ【イラスト図】

 しかし、このスタットレスタイヤを夏場も履き続けるという事は「燃費」にとっては大きな問題点があります。

 スタッドレスタイヤは燃費と言う観点から見ると「非常に燃費の悪いタイヤ」であるためです。

◆スタッドレスタイヤの燃費が悪い理由

◆スタッドレスタイヤの燃費が悪い理由

 スタットレスタイヤは燃費が悪いという話をあなたも一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 ではなぜスタットレスタイヤの燃費が悪いのでしょうか?

 これはスタッドレスタイヤは気温が低い状況であっても「グリップ力」を保持する為に、タイヤのゴムが厚くかつ柔らかい構造で作られている為です。

 このゴムが厚く柔らかい構造は雪道や氷路面でもしっかりとグリップ性能を保持する為に開発された構造であり、スパイクタイヤなどが使用できない現在では冬場の必需品となっております。

 しかし、夏場の乾いた路面では、この柔らかいスタッドレスタイヤの構造は仇となり、タイヤと道路へ接地面を増やし、「転がり抵抗」を大きくさせる働きをもっている為、燃費に対してはマイナスの影響を与えてしまうのです。

※グリップ力が高いという事は摩擦も大きいということ

◆安全面でも危険な夏場のスタットレスタイヤ

◆安全面でも危険な夏場のスタットレスタイヤ

 夏場のスタットレスタイヤの使用は安全面に関しても大きな問題点があります。

 これは、ブレーキを踏みこんでから自動車が止まるまでの距離である「制動距離」に関しても夏の乾いた路面では、夏タイヤと比較して極端に制動距離が伸びてしまうという特徴がある為です。

 夏場のスタッドレスタイヤの使用は安全性の面では大きな弱点として露呈しているのです。

 スタッドレスタイヤをシーズンを通してはきつぶす計画の方は、燃費面だけでなく、このような「安全面」でのデメリットも生じることを忘れてはいけません。

<<前のページ | 次のページ>>