自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆自動車の発進の際に、ゆっくりとスタートさせると自動車の燃費があがると聞きました。これは本当ですか?

◆急発進は燃費に悪い?

 自動車の燃費に大きな影響を与える要素のにとつに、自動車の急発進、急停車があります。

 特に自動車の発進に関しては、初動スピードが燃費に大きな影響を与えることは事実です。

 自動車を発進させる際はアクセルを踏みます。

 このアクセルを踏み込む量が大きすぎた場合に、ガソリンは大量に消費されてしまうのです。

 自動車のアクセルは大きく踏み込むほどに燃料を大きく放出します。

 ですから、踏み込みが強い急発進よりも、ゆっくりとアクセルを踏み込んでゆっくり発進をした方が燃費が良くなるのです。

※アクセルの踏み込み方だけでも燃費は変わる

◆アクセルはどの程度踏み込めば燃費にいいの?

◆アクセルはどの程度踏み込めば燃費にいいの?

 アクセルの踏み込みは経験上からも確実に燃費に影響を与えます。

 「では、実際にアクセルはどの程度、踏み込んでいけばよいのでしょうか?」

 このアクセルの踏み込みの程度の目安は、慣れてくると感覚でつかむことができます。

 しかし慣れるまでは感覚でアクセルワークをコントロールすることは難しいので「回転数メーター」を目安に踏み込みの度合いを調整していくと良いでしょう。

 一般的に最も燃費消費量の少ない自動車の発進に関しては、エンジンの回転数が1500回転から2000回転までの範囲がベストとされております。

 これは十分に自動車が加速でき、かつガソリンの消費が最も少ないとされる範囲です。

◆自動車の重量も考慮して運転

◆自動車の重量も考慮して運転

 燃費に好影響を与えるエンジン回転数は1500〜2000回転程度。

 しかし、この数値に関しては、「自動車の重量」も関係してきますので、一概に低ければよいとも言えません。

 これは自動車の重量がある程度の重量がある場合、回転数が低すぎる場合は、十分な加速が得られないケースがあるためです。

 ですから、回転数は最低限、後ろの車に影響を与えないスピードであるべきで、出来る範囲で回転数を低めに保ってあげることが重要と言えます。

 エコドライバーとして最も避けたいのは、アクセルを命一杯踏み込んでの急発信。

 タイヤを鳴らしての急発信などはもってのほかですね。

※エコドライバーと言えども最低限の加速スピードを確保するべし!

<<前のページ | 次のページ>>