自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆坂道の下り坂でギアをニュートラルに入れておくと燃費の節約になるのは本当ですか?

◆ニュートラルは確かに燃料の節約になる

 オートマ自動車はミッションとエンジンが接続されている状態にあれば常にアイドリングが働く為、必ずわずかながらでも燃料を消費していきます。

 またミッションが繋がっている状態ではエンジンブレーキが働く為、長い下り坂や信号までの一定距離までの区間ではニュートラル(N)ポジションにギアを入れて燃費の節約を図る自動車オーナーも多くいるのも事実です。

 あなたもニュートラルポジションを利用しての燃費走行(惰性走行のようなもの)を意識したことが一度はあるのではないでしょうか?

ニュートラルと燃費の関係【イラスト図】

 ガソリン車の場合は、走行時にギアをニュートラルに入れるとエンジンブレーキが働かない状態で運転が可能となります。

 そして、この仕組みを活用することで少ないガソリン消費量でより長い距離を走行することが可能となります。

 もしニュートラルを使用した燃費走行を意識した事がないのであれば、この項目は「アイドリングの項」「車の総重量と燃費の項」に次いで結構重要となるかもしれません。

 この下り坂のニュートラルポジションの使用は「燃費の節約」という点のみを考慮すると確かに節約につながることは間違いない為です。

※ニュートラルの燃費節約効果は期待できる

◆エンジンとミッションはつながっているのが基本

◆エンジンとミッションはつながっているのが基本

 ニュートラルの使用は燃費には確かに好影響を若干与えてくれます。

 しかしここで忘れていけないポイントがあります。

 そのポイントは、エンジンとミッションがつながっていることによって、
●パワステ(パワーステアリング)の油圧ポンプ
●フットブレーキ
 などのシステムが作動していると言う点です。

 もし仮に峠の下りなどの長い下り坂が延々と続くような道をニュートラルポジションで長時間走行した場合。

 このようなケースでは、徐々にパワーステアリングやフットブレーキの働きが弱まってくることになります。

 ハンドルが効かない!フットブレーキが効かない!

 これはどちらも致命的な問題ですね。

 現実的には、現在の自動車は性能が高くなったこともある為か一山の下りのほとんどをニュートラルで走行してしまっても問題ないケースが大半かもしれません。

 慣れてくるとエンジンブレーキを2速に入れるなどして使い分けながらほぼノーフットブレーキ、ノンアクセルで下りを走りきってしまえるケースもあります。

◆燃費の為のニュートラルポジションは多用しないこと

◆燃費の為のニュートラルポジションは多用しないこと

 通常、ニュートラルポジションを使用するオーナーの多くはエンジンブレーキを併用します。

 ですから、ドライブや、セカンドポジションも使用しながらニュートラルを活用するケースが多いと思います。

 このようにエンジンとミッションの接続がちょこちょことなされている場合は、さすがに現代の車ではパワステがいきなり効かなくなる!

 というようなことはありません。

 しかし、もし仮に最後までニュートラルポジションで、ブレーキは全てフットブレーキのみで行っていた場合。

 このような場合は、最終的にハンドルも効かなくなり、フットブレーキも全く働かなくなる可能性があると言うことは必ず覚えておきましょう。

 下り坂のニュートラルポジションの使用は燃費節約の効果が期待できる!

 しかし基本的に使用はしない!

 もしくは多用はしない?

 これがポイントと言えるのではないでしょうか?

 実際峠を越えるような長距離運転をするようなケースでは、このニュートラルの使い分けでリッター2〜3キロ程度違うこともしばしば見られます。

※ニュートラルはトラブルの可能性を理解した上で上手に利用しよう!

<<前のページ | 次のページ>>