自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆タイヤの種類によって燃費が異なることはありますか?

◆タイヤの溝の形状で燃費が変わる?

 バイクのタイヤの種類には様々な種類があります。

 これらのタイヤをおおまかに分類すると
●チューブタイヤ
●チューブレスタイヤ
 の2つの種類のタイヤに分類できます。

 これらのタイヤは構造によって分類されておりますが、性能の違いはあっても「燃費に与える影響」はそれほど大きくはありません。

 しかし、タイヤにはタイヤの表面部分であるトレッド面に幾つかの種類の溝が設けられており、これらの溝の形状によって燃費が変化することは確認されております。

※溝の形状は燃費に影響を与える

◆リブタイヤの特徴

◆リブタイヤの特徴

 タイヤのトレッド部の溝を「トレッドパターン」と呼びます。

 このトレットパターンは様々な使用環境を考慮し、幾つかのトレットパターンが生み出されております。

 代表的なトレッドパターンは「リブ」「ラグ」の2つです。

 リブは最もよく見かけるタイヤのトレッドパターンのひとつです。

 タイヤの走行方向の流れに近い縦方向の溝を主体としたパターンを保持しているタイヤです。

 細かい溝が多くグリップ力もそこそこ高い能力を持っていることからフロントタイヤなどに使用されているケースが多くあります。

 また走行方向に近い、縦方向のトレッドパターンを持つことから、タイヤが地面から受ける転がり抵抗が最も低いトレッドパターンであります。

 リブは燃費の良いタイヤのトレッドパターンなのです。

※リブは最も多いトレッドパターン

◆ラグタイヤの特徴

◆ラグタイヤの特徴

 リブは燃費の良い構造をもつトレッドパターン。

 対してラグは、大きな斜線を主体とした溝をもつトレッドパターンとなっております。

 バイクのエネルギーを路面に伝えやすい能力を保持しているタイヤがラグパターンのタイヤです。

 きっちり性能を活かして走りたい方に人気のあるタイヤですが、転がり抵抗はリブよりも高くなります。

 その為、燃費面だけで見るとリブには劣ります。

 尚、この他、オフロードで使用する「ブロックパターン」と呼ばれるトレッドパターンもあります。

 これはオフロードバイクのタイヤなどで見かける文字通り、ブロックのような凸凹がタイヤのトレッド部に敷き詰められているタイヤです。

 想像通りこのブロックパターンが最も燃費の悪いトレッドパターンです。

※ラグタイヤの燃費はリブタイヤよりも劣る

<<前のページ | 次のページ>>