自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆タイヤの空気圧は燃費に影響する?

  「タイヤの空気圧点検をしますか?」

 ガソリンスタンドなどでこのような質問をガソリンスタンドのスタッフからされたことがある方は多いと思います。

 よく高速道路などに入る前には

 「空気圧を若干高めに設定しておきましょう。」

 などタイヤの空気圧に関するお話しを耳にするかもしれません。

 このタイヤの空気圧は実は燃費にもしっかり影響を与えます。

 と言っても…《タイヤの空気圧は燃費に影響する?》の続き

◆店頭にずらりと並ぶエコタイヤ

 地面との接地面が減れば、当然車が走行する際に発生する走行抵抗も減少します。

 そして、抵抗の減少はエンジンへの負担を軽減し結果的に燃費の向上という大きなメリットを自動車オーナーにもたらすことになります。

 この燃費の向上は当然のことながらエネルギー資源問題へ好影響を与えます。

 その為、転がり抵抗を低減する能力を保持するエコタイヤは急激に需要…《店頭にずらりと並ぶエコタイヤ》の続き

◆約20分程度でガソリン1リットルを消費

 アイドリング時の燃料消費量を考えてみると、20分程度エンジンをかけた状態で放置しているとおよそ1リッターのガソリンを無駄にしてしまうことがわかります。

 仮に3000クラスの車であれば、アイドリング時間が15分未満で1リッター以上の消費の可能性もあるわけです。

 もし渋滞に巻き込まれて1時間程度の時間、渋滞走行を強いられた場合、常にエンジンをつけた「アイドリング状態」をキープしていると、アイドリングのみで「3リッターから5リッター近く」のガソリンを消費…《約20分程度でガソリン1リットルを消費》の続き

◆スタッドレスタイヤの燃費が悪い理由

 スタットレスタイヤは燃費が悪いという話は一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 ではなぜスタットレスタイヤの燃費が悪いのでしょうか?

 これはスタッドレスタイヤは気温が低い状況であっても「グリップ力」を保持する為に、タイヤのゴムが厚く…《スタッドレスタイヤの燃費が悪い理由》の続き

◆エアコン使用のポイント

 真夏の蒸し暑い日は、エンジンの始動とともに、エアコンをがんがん利かせたくなるものです。

 日中駐車場に車を置いておいた場合などは、あまりにも室内温度が高くなっている為、自動車に乗り込む前に数分間エアコンをかけておくようなオーナーの方も多いかもしれません。

 このような場面でひとつ覚えておきたいポイントがあります。

 このポイントとは、エアコンを使用する場合、室内の温度を一度下げてあげてからエアコンを使用すると、燃料消費量が抑えられるという点です。

 当たり前の話ではありますが、例えば車内のエアコンの設定温度を24度程度…《エアコン使用のポイント》の続き

◆空気の換気を行うだけで省エネにつながる

 車内の温度が極端に高まっているケースでは一度、車内の空気の換気を行うことがとても有効です。

 仮に外気が32度程度の比較的蒸し暑い日のケースで考えてみましょう。

 外気が32度前後であったとしても閉め切った車内の温度は簡単に40度…《空気の換気を行うだけで省エネにつながる》の続き

◆オーバードライブはMT車の5速ミッション車

 オーバードライブ機能の性質を見ていくと、オーバードライブ時はギアの比率が低くなる点がポイントであることがわかります。

 これはエンジンの回転数を見ていくとわかりやすいと思います。

 同一の回転数を保持できる平坦地で、ドライブ走行からオーバードライブをONにすると…《オーバードライブはMT車の5速ミッション車》の続き

◆ハイブリッドカーの動力源はエンジン+電気モーター

 一般的な自動車は内燃機関(エンジン)によって自動車を動かしています。

 これは誰もが知っていることでしょう。

 この内燃機関(エンジン)はガソリンを消費しながら動きます。

 対して、ハイブリッドカーは、このエンジン動力に加えて「電機モーター」というもうひとつの動力源…《ハイブリッドカーの動力源はエンジン+電気モーター》の続き

◆電気モーターがエンジンの補助をする

 ハイブリッドカーの仕組みを考える場合、もっともわかりやすいのは、エンジンの補助役として電気モーターがちょこちょこと活躍する。

 このように考えるとハイブリッドカーの燃費が向上しているシステムがわかりやすいかもしれません。

 燃費の良いハイブリッドカーと言えども、エンジンの燃料はガソリンなどの石油資源であり一般の車とは変わりはありません。

 このエンジンは、回転数の変動…《電気モーターがエンジンの補助をする》の続き

◆バッテリーは自動的に充電されている

 バッテリーは全ての自動車に設置されています。

 自動車のバッテリーはエンジンが回転する際のエネルギーによって自動的に充電される仕組みになっているので、バッテリーの寿命が訪れるまで基本的に充電をせずに使用が可能です。

 しかし、ハイブリッドカーなど通常の電気系統システムによる電気の使用のほかに電気モーターを保持する自動車の場合、電気の消費量…《バッテリーは自動的に充電されている》の続き

◆回生ブレーキとは?

 回生ブレーキとは、自動車を減速させる時に発生する熱エネルギーを電気モーターの蓄電池に取り込むシステムのことです。

 従来の自動車は、ブレーキを踏み自動車を減速させる時に発生していた熱エネルギーを大気中に放出させることで対応しておりました。

 しかし、回生ブレーキシステムでは、この減速時に発生する「今まで捨てられていたエネルギー」を取り込むことで、より多くの電気エネルギーを供給できるようになったのです。

 取り込まれたエネルギーは、自動車が発進する際や加速する際などの動力エネルギー…《回生ブレーキとは?》の続き

◆渋滞時に強さを発揮する回生ブレーキシステム

 日本は世界でも有数の渋滞国です。

 発進と停止を繰り返すような街中での市街地走行時では、回生ブレーキシステムをもつハイブリッドカーは非常に強い力を発揮します。

 これはブレーキの度にバッテリーに電力が蓄積され、発進の際にそのブレーキ時に生み出されたエネルギーを利用できる為です。

 また、同様に高速道路などでよく発生する「極度の渋滞時」などにおいても、回生ブレーキシステムを保持するハイブリッドカーは非常に強い力…《渋滞時に強さを発揮する回生ブレーキシステム》の続き

◆高速道路でのメリット効果は低い?

 ハイブリッドカーの最大の特徴は、動力源として、エンジンと電気モーターの2つの動力源を保持している点です。

 ですから電気モーターの活躍が期待される「回転数の変動が多い場面」などではハイブリッドカー大きな効力を発揮します。

 しかし、高速道路などある程度スピードとエンジン回転数が一定に保たれるような場面ではどうでしょうか?《高速道路でのメリット効果は低い?》の続き

◆市街地走行に強いのが特徴

 仮に同じスペックの自動車が2台あったとします。

 1台は従来のガソリン車。

 そしてもう1台はハイブリット車です。

 ガソリン車の市街地走行における燃費消費量が10リットル/kmであった場合、ハイブリット車は15リットル/kmを記録したとします。

 これはあくまでわかりやすくしたための事例としての数値です。

 しかし高速道路では、ガソリン車が15リットル/kmを記録しました。

 対して、ハイブリット車は17リットル/kmを記録しました。

 このようなケース…《市街地走行に強いのが特徴》の続き

◆ハイブリット車は日本市場に強いシステム

 実際に自家用車として購入する自動車は、高速道路などの条件下よりも市街地走行に近い環境下で使用されるケースの方が多くあります。

 このような使用条件の考慮もあり、込み入った道の多い日本においてハイブリット車市場が急成長を遂げている要因であると言えるかもしれません。

 尚、余談ですが、省エネ、エコという言葉が大きく話題となってきた今日。

 今後は石油資源などに一切頼らない…《ハイブリット車は日本市場に強いシステム》の続き

◆転がり抵抗とトレッド面積の関係

 転がり抵抗はタイヤが最大の抵抗のひとつです。

 この転がり抵抗は、タイヤが地面に接地している部分である「トレッド部分の面積」が大きくなることによって増加します。

 空気圧を高めた場合、タイヤは空気を含んで膨らみ、タイヤの表面のトレッド部分も丸みを帯びてきます。

 これはトレッド部分が地面に接地する範囲が減少することに繋がるため燃費が向上…《転がり抵抗とトレッド面積の関係》の続き

◆バイクは様々な抵抗を受けている

 実際、この空気抵抗は速度に二乗して抵抗値が増します。

 ですからもし60キロで走っているバイクと、高速で倍の120キロで駆け抜けていくバイクとでは、スピードだけを見ると2倍ですが、受ける空気抵抗は4倍以上であると言う事になります。

 また、バイクはこの空気抵抗に加えて加速抵抗と言う抵抗も受けております。

 この加速抵抗とは、加速時に発生する抵抗のことで、スピードを高めていく際に受ける抵抗…《バイクは様々な抵抗を受けている》の続き

◆アイドリング回転数とエンジンブレーキの関係

 アイドリング回転数はバイクの「エンジンブレーキ作用」にも大きく関与しています。

 アイドリング回転数を上げると吹き上がりがよく感じますが、その分、燃料の消費を招くだけでなくエンジンブレーキの効きも悪くなります。

 各車種のアイドリング回転数の基準値は取扱説明書に記載されているのでチェックしておきましょう。

 もし説明書をなくしてしまった場合は、最も調子のいい状態時のアイドリング回転数を把握しておき、その回転数に常日ごろから調整するようにしましょう。

 尚、アイドルスクリューのねじを回す際は、焼けどをしないように…《アイドリング回転数とエンジンブレーキの関係》の続き