自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆自分の愛車の適正空気圧を把握しよう!

 自分の車の適正空気圧は「運転席側のドアの内側」にシールが貼り付けてあるのですぐに確認が可能です。

 高速道を走る場合などは、最低でもこの適正数値、長時間走行を行う場合は
●空気圧を若干高め
 に設定してもらうようにしておきましょう。

 尚、有料ではありますが空気よりも空気…《自分の愛車の適正空気圧を把握しよう!》の続き

◆エコタイヤとは?

 地球温暖化の進行に伴い今世界的にエコに対する注目は日に日に高まってきております。

 この時代の流れに乗って、家電製品では大きなエコ商品販売への流れへと変化を遂げ新しい市場を確立しつつあります。

 そしてこのエコ化の流れはもちろん自動車業界にも大きな影響を与えております。

 家電製品などと比較すると、新技術の開発…《エコタイヤとは?》の続き

◆エコタイヤの最大の特徴

 エコタイヤの性能の最大の特徴は、その転がり抵抗の低さにあります。

 転がり抵抗とは、自動車が走行する際にタイヤが地面との間に受ける抵抗値のことです。

 通常タイヤは走行中、車の重量分若干くぼんだ状態になってグリップ力を働かせております。

 その際、タイヤ自信はその形状を元に戻そうと常に力が働きます。

 この元に戻ろうとする作用が抵抗となり、自動車の走行抵抗となっているのです。

 エコタイヤでは、この転がり抵抗を低減させるために、シリカと呼ばれる原材料を使用して路面とタイヤの接地面を極力減少…《エコタイヤの最大の特徴》の続き

◆店頭にずらりと並ぶエコタイヤ

 地面との接地面が減れば、当然車が走行する際に発生する走行抵抗も減少します。

 そして、抵抗の減少はエンジンへの負担を軽減し結果的に燃費の向上という大きなメリットを自動車オーナーにもたらすことになります。

 この燃費の向上は当然のことながらエネルギー資源問題へ好影響を与えます。

 その為、転がり抵抗を低減する能力を保持するエコタイヤは急激に需要…《店頭にずらりと並ぶエコタイヤ》の続き

◆スタッドレスタイヤは燃費が悪い?

 スタッドレスタイヤを夏場も使用し続け、はきつぶしてから新しいスタッドレスタイヤを購入する。

 いわゆるオールシーズンスタッドレスタイヤユーザーは非常に多くいます。

 北海道などの寒冷地であれば、スタッドレスタイヤは必需品ですから特にこのようなユーザーの方は多いものです。

 しかし、このスタットレスタイヤを夏場も履き続けるのは燃費にとっては大きな問題点…《スタッドレスタイヤは燃費が悪い?》の続き

◆スタッドレスタイヤの燃費が悪い理由

 スタットレスタイヤは燃費が悪いという話は一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 ではなぜスタットレスタイヤの燃費が悪いのでしょうか?

 これはスタッドレスタイヤは気温が低い状況であっても「グリップ力」を保持する為に、タイヤのゴムが厚く…《スタッドレスタイヤの燃費が悪い理由》の続き

◆安全面でも危険な夏場のスタットレスタイヤ

 夏場のスタットレスタイヤの使用は安全面に関しても大きな問題点があります。

 これは、ブレーキを踏みこんでから自動車が止まるまでの距離である「制動距離」に関しても夏の乾いた路面では、夏タイヤと比較して極端に制動距離が伸びてしまうという特徴がある為です。

 夏場のスタッドレスタイヤの使用は安全性の面では大きな弱点として露呈…《安全面でも危険な夏場のスタットレスタイヤ》の続き

◆空気の換気を行うだけで省エネにつながる

 車内の温度が極端に高まっているケースでは一度、車内の空気の換気を行うことがとても有効です。

 仮に外気が32度程度の比較的蒸し暑い日のケースで考えてみましょう。

 外気が32度前後であったとしても閉め切った車内の温度は簡単に40度…《空気の換気を行うだけで省エネにつながる》の続き

◆距離の測定は積算計(トリップメーター)で行う

 ガソリン満タン法による測定方法は走行条件によって燃費の消費量が大きく異なります。

 しかし、普段自動車を使用する際は、いつも一定条件で使用されているわけではありません。

 ですから、現実的な燃料消費量を把握するには理にかなった測定方法であると言えます。

 燃費計を後付けしてまで細かくチェックするつもりがない場合は、この測定方法で十分…《距離の測定は積算計(トリップメーター)で行う》の続き

◆燃費計を選ぶ際のポイント

 燃費計を選ぶ際のポイントは、数多くのメーカーが販売しております。

 燃費計の購入をもし検討されている場合は、どのような燃費計を選べばよいのかは迷うところですね。

 ここで絶対に外してはいけないポイントは、まず燃費計を設置しようと思っている車種に対し、検討している燃費計が対応可能であるかどうか?

 という点です。

 せっかく購入した燃費計が使用できないという事態を経験した私としてはここは絶対に伝えておきたいポイントです。

 そして対応が可能である場合は…《燃費計を選ぶ際のポイント》の続き

◆タイヤの適正空気圧はどこで調べるの?

 バイクの空気圧は一般的に前輪よりも後輪の方が高く設定されております。

 自分のバイクの適正空気圧は、一般的には「バイクのチェーンカバー部分」の表面にコーションシールと呼ばれるシールが張られているのが通常です。

 チェーンカバーにシールがない場合は、スイングアーム…《タイヤの適正空気圧はどこで調べるの?》の続き

◆タイヤの溝の形状で燃費が変わる?

 バイクのタイヤの種類には様々な種類があります。

 これらのタイヤをおおまかに分類すると
●チューブタイヤ
●チューブレスタイヤ
 の2つの種類のタイヤに分類…《タイヤの溝の形状で燃費が変わる?》の続き

◆リブタイヤの特徴

 タイヤのトレッド部の溝を「トレッドパターン」と呼びます。

 このトレットパターンは様々な使用環境を考慮し、幾つかのトレットパターンが生み出されております。

 代表的なトレッドパターンは「リブ」「ラグ」の2つです。

 リブは最もよく見かけるタイヤのトレッドパターン…《リブタイヤの特徴》の続き

◆ラグタイヤの特徴

 リブは燃費の良い構造をもつトレッドパターン。

 対してラグは、大きな斜線を主体とした溝をもつトレッドパターンとなっております。

 バイクのエネルギーを路面に伝えやすい能力を保持しているタイヤがラグパターンのタイヤです。

 きっちり性能を活かして走りたい方に人気のあるタイヤですが、転がり抵抗はリブよりも高く…《ラグタイヤの特徴》の続き

◆エンジンの点火系にトラブルはないか?

 バイクの燃費を悪くする要因には実に様々な要因が考えられます。

 中でも最も一番燃費に影響を与えるのは、「ドライバーの運転方法」です。

 ここまでご紹介してきたように運転方法を心がけるだけで燃費はしっかりと向上することは明らか…《エンジンの点火系にトラブルはないか?》の続き

◆プラグの消耗をチェックしよう!

 エンジンの点火系のトラブルの中でも特に多いのが消耗品のひとつであるプラグが消耗している場合です。

 このようにプラグが不良状態になっている場合は、「混合気への点火」が不十分となり、エンジンパワーが極端に減少してしまうケースがあります。

 このような状態に陥ると、普段よりもバイクの反応が悪く、加速感…《プラグの消耗をチェックしよう!》の続き

◆点火系の点検だけで改善が見られるケースも多いもの

 運転方法は特に変えていないのに燃料消費量がアップしているようなケースでは、「点火系のプラグの点検」をまず行います。

 そして更に「プラグコード」の点検などを行い、消耗している場合はしっかり交換しておきましょう。

 これだけで燃費の悪化に症状に改善が見られるケースも多くあるのです。

 出来るならば自己定期点検の項目…《点火系の点検だけで改善が見られるケースも多いもの》の続き

◆アイドリング回転数の確認

 自分が保有しているバイクの燃費が思った以上に悪化している場合は、
●アイドリング回転数
 のチェックを行ってみることも重要です。

 バイクにはその車種ごとに基本となるアイドリング回転数が定められており…《アイドリング回転数の確認》の続き

◆アイドリングの調整方法

 アイドリング回転数の調整はいったいどのように行えばいいのでしょうか?

 バイクのアイドリング調整はエンジンキャブレター部分の後方に設置されている
●アイドルスクリュー
 と言うねじを回してアイドリング回転数を調整することになります。

 調整の方法は簡単で「時計方向右回り」にねじを締めこんでいくとアイドリング回転数は少しずつ高くなっていきます。

 逆に半時計周りに緩めていくとアイドリング回転数は徐々に低く…《アイドリングの調整方法》の続き

◆アイドリング回転数とエンジンブレーキの関係

 アイドリング回転数はバイクの「エンジンブレーキ作用」にも大きく関与しています。

 アイドリング回転数を上げると吹き上がりがよく感じますが、その分、燃料の消費を招くだけでなくエンジンブレーキの効きも悪くなります。

 各車種のアイドリング回転数の基準値は取扱説明書に記載されているのでチェックしておきましょう。

 もし説明書をなくしてしまった場合は、最も調子のいい状態時のアイドリング回転数を把握しておき、その回転数に常日ごろから調整するようにしましょう。

 尚、アイドルスクリューのねじを回す際は、焼けどをしないように…《アイドリング回転数とエンジンブレーキの関係》の続き

◆点火プラグの働きとは?

 エンジンの調子を確認する際に行われるチェックのひとつが「点火プラグ」の焼け具合です。

 点火プラグはシリンダー内に取り込まれ、ピストンによって圧縮された混合気に火花を散らし、文字通り混合気を点火させ燃焼させる働きをもっております。

 この点火プラグは電極部分の温度が基本的に500度〜900度の範囲内で使用されることが定められております。

 仮に電極部の温度がこの範囲を外れると…《点火プラグの働きとは?》の続き

◆点火プラグの消耗が燃費を悪化させる仕組み

 点火プラグの激しい消耗、もしくは何らかのセッティングミスなどで燃焼室の温度が低下するなどした場合。

 このようなケースでは、圧縮された混合気へ正確な点火が出来なくなります。

 これは当然、エンジンパワーの低下…《点火プラグの消耗が燃費を悪化させる仕組み》の続き

◆電極部分の焼け具合で点火プラグをチェック!

 点火プラグのチェックは、プラグの「電極部分の焼け具合」を見てチェックしていきます。

 燃焼室の温度が適正範囲内であれば、プラグの電極部分の色は「キツネ色」にこんがりと焼けているはずです。

 もし、プラグの電極部分にスス状のカーボンが付着しているようなケースでは燃焼室内温度が450度を下回っているなど不完全燃焼状態を発生している可能性が検討されます。

 このようにプラグの電極部分の焼け状態にトラブルが確認…《電極部分の焼け具合で点火プラグをチェック!》の続き

◆エアクリーナーの目詰まりは送り込む空気を減らす

 バイクの燃費に以外にも大きく作用するのがこのエアクリーナーの目詰まりです。

 エアクリーナーはエンジン内に取り込んだ空気の汚れやほこり、ちりなどを取り込みエンジン内にクリーンな空気を送り込む為の装置のようなもの。

 このエアクリーナーにあまりにも多くの汚れが含まれるようになるとエアクリーナーを通過していく空気そのものが減少…《エアクリーナーの目詰まりは送り込む空気を減らす》の続き

◆エアクリーナーの交換時期の目安

 エアクリーナーの交換は非常に簡単な為、自分で交換を行うユーザーも多くいます。

 エアクリーナーの交換時期の目安としては最低限「5000キロごとに1回の交換」が理想です。

 また5000キロに満たない場合でも1年に1回はエアクリーナーの交換を行いたいものです。

 尚、5000キロ未満であってもホコリの多い地域を走行した場合…《エアクリーナーの交換時期の目安》の続き

◆エアクリーナーの種類について

 バイクに設置されているエアクリーナーには一般的
●乾式エアクリーナー
●湿式エアクリーナー
 の2種類のエアクリーナーがあります。

 前者の乾式エアクリーナー…《エアクリーナーの種類について》の続き

◆乾式エアクリーナーの交換方法

 乾式エアクリーナーを自分で交換する際の手順について見ていきましょう。

 乾式エアクリーナーはエアクリーナーボックスと呼ばれる部分に入っておりますので、まず乾式エアクリーナーを、エアクリーナーボックスから取り出します。

 ここで取り出したエアクリーナーの汚れがあまりにもひどい場合。

 この場合は即新しいものと交換…《乾式エアクリーナーの交換方法》の続き

◆湿式エアクリーナーの交換手順

 次は湿式エアクリーナーを自分で交換する際の手順について見ていきましょう。

 湿式エアクリーナーは、汚れがひどいときは乾式エアクリーナーの時と同様、交換をします。

 しかし若干の汚れがあるとき、また誇りの多い地域などを走行したがそこまで汚れていないような場合は、「洗浄」だけでもとりあえずはOKです。

 洗浄の際は、バイク用品店で販売されているエアクリーナー専用のフィルターオイルを準備…《湿式エアクリーナーの交換手順》の続き

◆湿式エアクリーナーの乾かし過ぎは禁物

 湿式エアクリーナーの場合、その名のとおり、エアクリーナーのスポンジの内部にオイルが残っている湿り気を保った状態であることが重要です。

 ですから、スポンジを絞ったりして乾燥を速める行為は内部のオイルを追い出してしまう行為となるのでいけません。

 また過酷な使用条件で使用し続け、かつエアクリーナーを交換せずに長期間使用…《湿式エアクリーナーの乾かし過ぎは禁物》の続き